post219875_ic
2016/11/11 | 29,975 PV |

考えさせられる

出典:photo AC
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

“ペットボトルの牛乳”が存在しないのはなぜ?その理由に思わず納得

子どもの頃の給食といえばビンで牛乳が出てきましたよね。
パンとの相性も抜群の牛乳ですが、“ある疑問”を持ったことはないですか?

 

その疑問とは紙パックやビンの牛乳はあるのに、なぜペットボトルの牛乳はないのかということです。

 

199583812_25d6b9ced5_z-1

出典 Flickr

 
 

この疑問に即答できるのは、かなり牛乳の業界について詳しい方だと思います。
ペットボトルだと、一度開けてもフタが閉められるので持ち歩くことも可能なのになぜ牛乳はないのか・・・。

 

Twitterでは、こんな声もあがっているようです。

 

 
 

ペットボトルの牛乳を求めている人もいるのにないのが現状です。
「ペットボトルの牛乳がなぜないのか」疑問は深まるばかりですね・・・。

 

その疑問の答えを導き出すためにはペットボトルと牛乳、両方の特徴を知らなければならないようです。

 
 

ペットボトルでの販売には厳しい審査がある

 

ペットボトル飲料の販売が開始されたのは1982年のことでした。
しかし、これはどんな飲み物でもペットボトルで販売していいという意味ではありません。

 

衛生環境が悪かったり、雑菌が繁殖して食中毒になれば健康に大きな影響を与えます。
そのためペットボトルを使用して飲み物を販売するには、厳しい国の審査を通らなければなりません。

 

健康に被害がないと判断された飲み物だけがその審査を通っていくのです。

 

その審査の結果、牛乳は栄養価が高い一方で雑菌が繁殖しやすい飲み物でもあるため、ペットボトルでの販売の許可が下りなかったのです。

 

4999620233_7d15490c56_z-1

出典 Flickr

 
 

しかし、メーカーは「ペットボトルでも牛乳を売り出したい」と考え、許可が下りるように国へ働きかけます。
その努力が実り、2007年にペットボトルでの販売が認められました。

 

販売が許可されたペットボトルの牛乳ですが、実際に見かけることはありませんよね。
許可されたにも関わらず、未だにペットボトルが使用されていないのはなぜなのでしょうか?

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

m_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る