220820_ic
2016/11/14 | 89,523 PV |

泣ける・感動

出典:YouTube
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ノリで全身の毛を固められた子犬。獣医たちの懸命な治療で回復するも、心に負った傷は深かった

ある日、1匹の子犬が保護施設に連れて来られました。

 

そもそもこの子は犬なのか…?
思わずそう疑ってしまうほど、子犬は衝撃的な姿をしていたのです。

 

220820-1

 
 

いったい誰がこんなことをしたのでしょうか…

 
 

子供のいたずら

 

子犬の名前は「パスカル」
どうやら子供たちのいたずらで、接着用のノリの中に沈められたようでした。

 

220820-2

 
 

獣医師がパスカルを抱えたとき、彼は微動だにしませんでした。
全身にこびりついた泥やゴミで、身体がセメントのように固まっていたのです。

 

動くことはおろか、息をすることもできない状態。
さらには全身の血流も滞っており、もはや死んでしまう寸前でした。

 

獣医師たちは、すぐに治療を開始しました。
まずはカチカチに固まった毛を、数時間かけて刈り取っていきました。

 

220820-4

 
 

ノリと泥の塊は、とても分厚く固いものでした。
それらを剥がしきると、後ろ足を骨折していることも分かりました。

 

そして、それと同時にあらわになったパスカルの表情。

 

220820-5

 
 

いったいパスカルが何をされてきたのか。
ひどく恐怖に怯えた目を見れば、痛いほどに伝わってきます…

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

229109_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る