post220993_ic
2016/11/23 | 6,999 PV |

考えさせられる

出典:YouTube
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

【動画】地形にも劇的な変化が!オオカミは大自然を復活させる『森の守護者』だった

これは、信じられないような本当の話です。

 
 

31匹のオオカミ

 

1990年代前半、アメリカのイエローストーン国立公園は危機的状況でした。
それはシカが大量繁殖したことで、多くの植物が姿を消していたのです。

 
 

220993_1

 
 

では、なぜシカの数が増え続けたのでしょう。
それはシカを食料とするオオカミが、人間の手によって殺され、その数を減らしていたためでした。
シカになんの罪もなく、ただ人間の勝手な都合で生態系が崩れはじめていたのです。

 

慌てて人間はなんとかしようと策を試みましたが、なにをしようが一向に大自然の命は吹き返しませんでした。

 

そこで、1995年に14匹。1996年に17匹。
計31匹のオオカミを、イエローストーン国立公園に放ちました。
僅かな望みをかけたこの策が、のちに大きな奇跡を呼ぼうとは、誰も予想だにしなかったでしょう。

 
 

220993_2

 
 

狙い通り、オオカミがシカを捕食することによって、シカの数が減りました。
そしてなんと、オオカミに捕まることを恐れたシカが身を隠すために住みはじめた場所で、緑が戻り始めたのです。

 

エリアによっては、木々の高さが6年で5倍にも伸びるという成長まで見られました。
こうして園内に緑が蘇ると、今度は鳥の生息がはじまりました。

 

植物の再生が叶うと、それをエサとするビーバーも個体数を増やしました。
しかもビーバーのつくるダムは、カワウソやアヒル、は虫類、両生類、魚類の居住地にもなるのです!

 
 

220993_3

 
 

陸の再生も進みます。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post227884_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る