221269_ic
2016/11/16 | 14,388 PV |

泣ける・感動

出典:Facebook
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「天国で待っているわね」愛する妻に先立たれた夫が、妻の財布からメモを発見。その内容に涙が溢れる

海外サイトのライターである Cliff Sims(クリフ・シムズ)さんがFacebook上に1枚の写真を投稿しました。

その投稿は1年経ってもなお、心に響くエピソードとして話題を呼び続けています。

 
 

シムズさんの祖母、ビリーさんは83歳で亡くなりました。
ビリーさんはシムズさんの祖父であるジミーさんと結婚60年を迎えていました。

221269-1

出典 flickr

60年間連れ添った最愛の妻を亡くしたジミーさんの寂しさを思うと、心が押しつぶされそうになります。

 
 

実はビリーさん、認知症を患っており死を迎えるまでの数年間リハビリ施設に入院してました。

ジミーさんは1日も欠かさず病院を訪ね、ビリーさんの側を離れることなく二人の時間を大切にしていたそうです。

そんな二人を見ていた孫であるシムズさんはこんなことを語っています。

 

祖父は60年間、これまでしてきたことを最後まで普通にしていたよ。祖母を愛しケアするということをね

 

60年もの間、こんなにも愛されたビリーさんは、幸せに天国へと旅立ったのではないでしょうか。

筆者も同じ女性としてうらやましく思います。

 
 

1枚のメモ

 

ビリーさんが亡くなってから遺品整理をしていたある日、夫のジミーさんはビリーさんの財布から一枚のメモをみつけます。

221269-2

出典 flickr

 

ビリーさんはちょっとしたことでもすぐにメモする習慣があったそうです。メモを見つけたジミーさんは「ビリーがまた忘れないように何かを書き留めておいたんだな」と思い、何気ない気持ちで目を通しました。

 

するとそこには思ってもみなかったことが書かれていました。
それは認知症を患いながらも夫への確かな愛を綴った、ビリーさんからのラブレターだったのです!

ジミーさんは驚き、涙したといいます。

 
 

どんな内容のラブレターだったのでしょう。

≪続きはコチラ≫

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228658_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る