224049_ic
2016/11/26 | 2,358 PV |

考えさせられる

出典:metro.co.uk
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「狭い空間で家畜を飼育しないで!」イギリスのある少女がレストランやドーナツショップに直訴状を提出

普段口にしている食肉や卵、牛乳がどのような環境で飼育された家畜から出来ているのか、疑問に思ったことはありませんか?

 

最近は、様々なスーパーでも「生産者が見える食品」を販売していることも多く、比較的気軽にその食品がどのような環境で育てられたものなのか見て分かるようになったり、道の駅や直売所では生産者の方と直接コミュニケーションをとることができるなど、食品に対する不透明感は若干薄れてきた傾向があるのかもしれません。

 

しかし、全ての家畜から生み出される食品が、恵まれた環境で生育されたものとは限らないというのが現実です。
今、世界が注目する若い活動家の行動から、食の安全について改めて考えさせられます。

 
 

動物愛好家の少女が、食品に関する問題を提起し話題に

girl1

出典 metro.co.uk

 

イギリス在住の動物愛好家・ルーシー・ギャバガンさん(15歳)は、食品に関するある問題を提起するため、今年の初めにイギリスの大手スーパーTESCO(テスコ)で署名活動を実施しました。
すると、彼女の考えに賛同する人が多く集まり、署名の総数は約28万人分も集まったのだそうです!

 

若い彼女の考える、食品に関する“ある考え”とは、どんなものなのでしょうか?

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post227884_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る