post224501_ic
2016/11/24 | 5,238 PV |

泣ける・感動

出典:YouTube
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ガラクタの中から59年前の懸賞を発見。冗談のつもりで応募したら“素敵な思い出”を手に入れた

みなさんの家に、なぜか捨てられずに持ち続けている物ってありませんか?

 

今回ご紹介するダーウィン・デイさん(70歳)は、部屋にあるガラクタを捨てきれずにいましたが、ある日、思い切って片付けを始めたのです。そしてその片付けがきっかけで『素敵な思い出』を手に入れることになったそう。

 
 

ガラクタの中から見つけたもの

 

ダーウィンさんは数あるガラクタの中からBazooka(バズーカ)の包み紙と懸賞の応募用紙をみつけました。

バズーカ・ガムとはBazooka candy brandsの商品の一つで、1938年創業のTopps Chewing Gum, Inc.,が販売していたものです。

 

懸賞の応募方法は1957年7月19日に行われた野球試合の正しいスコア(点数)を記入して郵送するだけというもの。

224501-1

 
 

試合結果もわかってるダーウィンさんは応募用紙に記入をし、

224501-2

 
 

期限切れと分かっていながらも、ちょっとした冗談で59年前の応募用紙を手紙と共に役員宛てに郵送しました。

224501-6

 
 

するとTopps Chewing Gumから素敵な返事が返ってきたのです!

59年前の応募用紙があったのも驚きですが、返事が返ってくるのも驚きですね。

 

いったいどんな返事だったのでしょう。

≪続きはこちら≫

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

229313_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る