224836_ic
2016/11/27 | 5,693 PV |

泣ける・感動

出典:Twitter
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

知らないおばあちゃんから孫と間違えて届いた感謝祭の招待。「行きたい」と伝えたらまさかの返答が!

生きていると、人と関わることで自分では思ってもみなかった展開に見舞われるということがあります。

今回ご紹介するのは、少年があることがきっかけで思ってもみなかった人との縁が深まったというお話です。

彼の名はジャマール・ヒントン君(17歳)。

 

彼がそのエピソードをTwitter上に公開すると多くの人の感動を呼び、アメリカのニュース番組で取り上げられるほどの反響ぶりです。

 

 
 

アリゾナ州フェニックスに住むヒントン君は学校で授業を受けていました。

授業中、ふと携帯に目をやると知らない人からグループチャットに誘われていることに気づきます。

誰かな?と気になって確認してみると、見ず知らずの人から感謝祭でもてなす料理について相談が来ていたのです。

 

224836-3

出典 Twitter

 
 

しかし、ヒントン君は感謝祭のディナーの予定などはありません。不思議に思ったヒントン君はこんなメッセージを送りました。

 

ヒントン君 「あなたは誰ですか?」

 

すると、返信がありました。

 

見知らぬ女性 「あなたのおばあちゃんよ」

 

それはヒントン君のおばあちゃんの電話番号とは違う番号でした。彼はさらに混乱しますが、顔写真を送ってとお願いしてみました。

 

ヒントン君 「本当におばあちゃん?ちょっと写真を送ってみてよ」

 

見知らぬ女性 「私の?いいわよ」

 

そして、写真が送られてきました。
その写真を見たヒントン君は爆笑!写真に写っていたのはやはりおばあちゃんどころか、見ず知らずの女性だったのです。

 

この後、ヒントン君は自分の写真を送って孫じゃないことを知らせますが、そこから思わぬ展開を呼ぶことになります。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228658_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る