国交省が「積雪時に立ち往生した車に罰金を科す」と検討していると発表!その方針に賛否両論の声が殺到

2016/11/24 | 16,937 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

12月も近づいており、本格的な冬がもうすぐ訪れます。
雪が降れば何だか嬉しくなる一方で、雪が積もり除雪作業に追われる地域もありますね。

 

そんな積雪に関する新たな規則を国土交通省が検討していることが発表されました。

 

5316222296_86daf1a217_z-1

出典 Flickr

 
 

その内容は「積雪時に立ち往生した車に罰金を科す」というものでした。
すぐに施行されるわけではなく、現在は検討段階ということです。

 

雪で立ち往生したら罰金とは厳しすぎるようにも感じますが、その罰金の理由は一体何なのでしょうか?

 
 

罰金の背景にあるものとは

 

罰金の背景にあるのは、近年局地的に発生してる「ゲリラ豪雪」です。
直近の6年間に観測史上最高の積雪を記録した地点も多いといいます。

 

4410219003_e1ec8443e4_z-1

出典 Flickr

 
 

2014年の2月に関東甲信越を襲った大雪で、長野軽井沢の国道などが車の立ち往生によって渋滞しています。

 

立ち往生した車が除雪作業の妨げになるとして問題視されていました。
こういった出来事を受けて、今回の罰金の方針へと動いたようです。

 

また、この罰金にはドライバーに対し“あること”を促す目的がありました。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
87581eye

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る