HOME

ピコ太郎が『PPAP』のアンサーソングを披露!その名も『カナブンブーンデモエビインビン』(笑)

2016/12/15 | 11,845 PV |

笑える

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

PPAPで一世を風靡したピコ太郎さんが、PPAPのアンサーソングを披露して話題になっています。

 
 

アンサーソングって何?

アンサーソングとは、ある歌に対して返答として作られた歌のことを言います。
本人で作ることもあれば、別のアーティストが作ることも。
日本での例を出すと、青山テルマさんの『ここにいるよ』に対する『そばにいるね』や、さだまさしさんの『関白宣言』に対する『関白失脚』、男性の歌に対し、他のアーティストである女性がアンサーソングを歌うこともあります。

 
 

 
 

PPAPは、ジャスティン・ビーバーが紹介したことで世界的にヒットし、世界134カ国で配信されています。
Billboard Hot 100にランクインした最も短い曲としてギネス世界記録も達成し、伝説的な曲となっています。
第49回日本有線大賞で有線話題賞を受賞、日本レコード大賞では特別話題賞を受賞しています。

 
 

 
 

そんな世界的有名人のピコ太郎さんが作ったPPAPのアンサーソング…『カナブンブーンデモエビインビン』
Twitter上ではすでに高い評価を受けているようです。

 

 

 

 
 

一体どんな曲なのでしょうか?

 
 

なんだこの曲は…!?

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る