HOME

「退屈で死にそうな私を助けて!」89歳のおじいちゃんが新聞に求職広告を出し、見事就職決定!

2016/12/24 | 4,259 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

イギリスに住むジョー・バートレーさん。
御年89歳のジョーさんは元空挺部隊の兵士。
退官後は奥さんと暮らしていましたが、二年前にその奥さんを亡くし、現在は一人暮らしをしているそうです。

 

233035-4

 
 

ジョーさんにはある悩みがありました。それは…

 
 

退屈すぎて死にそう

 
ということでした。

 

兵士を引退し、最愛の妻を亡くし、子供なく話し相手もいない一人暮らしの毎日がとにかく退屈でうんざり。
それにジョーさん曰く、「私はまだまだ元気」とのこと。

 

そんな現状を打破しようとジョーさんは行動に出ます。

その行動とは、自ら休職広告を出すということでした。

 
 

▼ジョーさんの広告
233035-7

 

(※広告の英文を翻訳したものがこちら)

【仕事求む】

ペイントンエリアで仕事を探している89歳です。
週20時間以上。
まだ清掃、簡単な庭仕事、日曜大工他、なんでもできます。
推薦状あり。
空挺部隊兵士。
退屈で死にそうな私を助けて!

 

89歳という年齢の男性が「退屈だから職を探す」。

このジョーさんの求職広告は話題となり、多くのメディアやネット上で反響を呼びました。

 

そして、とある雇用主が手を挙げることに。

 
 

ジョーさんにはどんな仕事のオファーが来たのでしょうか。

≪続きはコチラ≫

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る