HOME

2本の前足としっぽを事故で失くし、瀕死状態だった猫。4年経った現在、幸せそうに暮らす姿が可愛い!

2016/12/28 | 9,369 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

外を見つめる一匹の猫。

 
 

able_maewさん(@able_maew)が投稿した写真

 
 

整った顔立ちと、美しい毛並み。
柔らかな光を浴びて、思わず見とれてしまうほどに可憐な猫の姿。

 

ただほかの猫とちょっと違うのは、
2本の前足と、長いしっぽがないということ。

 
 

4年前、野良猫の日々

 

この子の名前はエイブル。
エイブルは、4年前まで行くあてもない野良猫でした。

 

ある日のこと、エイブルは街の中で鳥を追いかけていました。
すると勢い余って、変圧器に触れてしまったのです。
感電してしまったエイブルは、前足2本としっぽを切断する大けがを負ってしまいます。

 

瀕死状態のエイブルを引き取り、動物病院に連れていったのが現在の飼い主さんです。
飼い主さんは当時のことをこのように語ります。

 

「初めてエイブルを見たとき、私はエネルギーと神の導きを感じました。」

 

エイブルは治療の間おむつをつけるなど、お世話が必要なことも多々ありました。
しかし飼い主さんの必死のサポートとエイブル自身の回復力により、今では元気に毎日を過ごしています。

 

それでは、幸せそうに暮らすエイブルの姿をご覧ください。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る