【閲覧注意】ロシアの漁師が投稿した“深海魚”の数々がヤバすぎる…!12選

2017/1/2 | 20,635 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

7 ウミグモ

 

ウミグモの仲間です。
足が細長く、胴体が小さいのが特徴。軟体動物や刺胞動物に寄生したりすることもあります。

 
 

8 ラブカ

 

歯が特徴的ですね。
この魚はラブカ、日本ではウナギザメと呼ばれています。
角度によっては「深海魚の中ではかわいい部類」であり、ファンもいるそうですよ。

 

 
 

9 オニキンメ

 

この魚はオニキンメ。
キンメダイの仲間であり、牙が大きすぎて口が閉じられないそうです。
大きくなっても16センチほどにしかならず、見た目の割にかわいい魚です。

 
 

10 ゴーストシャーク

 

この魚は、キメラと呼ばれる魚、ゴーストシャークです。
最近この魚の一種が泳ぐ姿が、水深約2000メートルの深海で撮影されました。
ふよふよと蝶のように泳いで、とても美しいです。

 
 

出典 YouTube

 
 

11 大王イカ

 

大王イカは、日本でも獲れており、食感がもっちりしてとてもおいしいです!

 
 

12 オオクチホシエソ

 

この魚はオオクチホシエソ。
この写真は形が崩れておりグロテスクな見た目ですが、泳ぐ姿は優雅です。
顎の下が空洞で、顔の一部が光ります。

 
 

珍しい魚ばかりでしたね。
日本で有名な魚類学者である『さかなクン』が見たら「ギョッギョー!!」と歓喜しそうです(笑)
Романさんは不定期に深海魚の写真を公開しているようです。
気になる方は、Twitterをチェックしてみるといいかもしれません♪

 
 

Роман ФедорцовさんのTwitter

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

238177_ic2

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る