HOME

センター試験、2日間で12件の不正行為が発覚!過去10年で最多…

2017/1/16 | 8,560 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

大学入試センター試験とは、毎年1月13日以降の初めの土・日曜日に行われる試験です。

 

今年のセンター試験は1月14、15日。
57万5967人が志願しましたが、大雪の影響で1万人ほどの受験者に影響が出て、試験時間の繰り下げや再試験予定となる人々もいました。
そんな中、2006年の集計開始以降、過去最多の不正行為があったと話題になっています。

 
 

238376_1

出典 Photo AC

 
 

スマホ使用など…

問題になった不正行為は12件。
スマートフォンの使用が1件、電卓の使用が6件、定規使用が2件。
試験後のマークシートの修正が2件、受験票を机に出さなかったケースが1件だそうです。
スマートフォンの利用に関しては、試験中に撮影した教科書の写真を見ていたとのこと。

 

不正行為を働いたとされる男女12名全員、受験した全科目が無効になったそうです。

 
 

過去10年の間には替え玉受験なども発生しており、これほど露骨では無いにしても、不正行為は毎年見つかっているそうです。
最も多いのが終了後の記入が30件、次が定規の使用13件と、悪意なく『ついやってしまった』ケースもあると思われます。

 
 

Twitterの反応は…

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る