HOME

これぞ日本伝統芸能の本気!国立劇場がPPAPならぬPNSPを発表し話題に!

2017/1/19 | 5,873 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

国立劇場が、PPAPならぬPNSP(Pen-Nurisampo-Sampo-Pen)をYouTubeで公開し、話題になっています。

 

動画に登場するのは、笛や小鼓・大鼓、三味線などの伝統的な楽器。
さらに、日本独自の文化『ゆるキャラ』まで登場しているのです。
この動画は、1月13日に公開されて以降多くの注目を受け、現在は160万回以上再生されています。

 
 

PNSP

出典 YouTube

 
 

ペン・ぬりさんぽう・さんぽう・ペン…
プロが真面目に演奏していることもあり、大変本格的です。
ペンとぬりさんぽうの合体時、ゆるキャラの顔が歪んでいるところがなんとも言えず笑えますね。
この動画には、日本の伝統芸能の柔軟性や、一流の奏者の真面目な遊び心に感心するコメントが目立ちました。

 
 

寄せられたコメント

 

 

 

 

 

 

 

 
 

なんと、ご本家のピコ太郎さんからも一言あったようです!

 
 

ところでみなさん、曲の中の『さんぽう』が何なのか気になりませんか?
そして、『さんぽう』を持った謎のゆるキャラの正体は…!?

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る