event9131_b
2014/12/26 | 13,852 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

【年末の大掃除がチャンス!】たった1日でゴキブリがいなくなる方法

ツイッターで話題。ゴキブリが1日でいなくなる方法?

ゴキブリ。いくら男性でもコイツが得意な人ってあまりいないもんです。できれば一生見たくないゴキちゃんがたった一日でいなくなる方法あるとツイッターで話題に。
 

その画期的な方法がこちら↓↓↓

 

この真冬に3時間も窓を開けっ放しにする人はいないかもしれませんが、ちょうど、年末大掃除の時はこの方法を試す大チャンスかもしれません。
 

どうしてこれでゴキブリがいなくなるの?

ゴキブリは低温を苦手としています。低い気温の中では、産卵・成長が不可能になり、動きも鈍くなります。チャバネゴキブリは特に寒さに弱く、幼虫は20度以下で成長できなくなります。
他のゴキブリも、気温15度以下で成長・活動する能力が低下していきます。寒さに弱いのはゴキブリそのものだけでなく、卵も同様です。気温が低い場合、孵化することができません。ゴキブリは乾燥にも弱いため、冬場はこまめな換気をして部屋の中に風を入れ、気温を下げる時間をつくりましょう。

出典 ゴキブリの研究室

 
ゴキブリには「低温・乾燥」はポイントなんですね。この方法で成虫のみならず、卵にまでもダメージを与えるとは驚きです。今の季節、窓を開ければ室内を15度以下にするのは簡単なこと。ぜひお試しあれ!
 
見出し画像引用元 event-ya.com

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post229453_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る