HOME

「なぜ1985年の設定なのに2011年の車のポスターが!?」映画鑑賞中に気付いた思わぬミス12個

2017/2/3 | 19,504 PV |

笑える

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

普通ならば気付かない、映画の中の違和感。
気付かなくとも何の問題もないのですが、気付く人は気付いてしまう!

 

映画の中で発見した、制作陣のミスをご紹介します♪

 
 

1 トワイライト

242351_1

出典 Izismile

 

フロントガラスに写っているこの影、一見標識に見えるかもしれませんが、撮影用の器具だそうです!
これくらいなら大丈夫、バレないバレない。

 
 

2 イングロリアス・バスターズ

242351_2

出典 Izismile

 

第二次世界大戦中のナチス占領下のフランスが舞台の映画だそうです。
ドイツ軍将校の徽章が消えた…!この後また現れるそうです。

 
 

3 アバター

242351_3

出典 Izismile

 

直前まで車椅子なんて無かったのに…?!

 
 

4 ターミネーター2

242351_4

出典 Izismile

 

T-1000(敵のターミネーター)の攻撃を受けてボロボロだったジャケットが、自己再生しています。そんな機能はない。

 
 

5 ターミネーター2

242351_5

出典 Izismile

 

ジョン・コナーを追いかけるT-1000の乗ったトラック。
さっきまで割れていたフロントガラスが戻っています…!

 
 

6 アベンジャーズ

242351_6

出典 Izismile

 

いつの間に、壊れた車のへこみを直しているマイティ・ソー。
それどころじゃないと思う。

 
 

むしろ気付く人自体が少ない気がする。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る