HOME

一度は食べてみたい!高千穂町のおいしい特産品をご紹介!

2017/2/7 | 3,147 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

高千穂町(たかちほちょう)は、宮崎県の北端部にある町で、日本神話に登場する神である『ニニギ』の天孫降臨の地だと伝承が伝わっています。
国の重要無形民俗文化財である夜神楽や、天照大神が隠れたと言われる天岩戸、そして高千穂神社などがよく知られています。

 

今回は、ぜひ食べて頂きたい高千穂町を代表する特産品についてお伝え致します。

 
 

高千穂牛

243450_1

出典 高千穂町

 

和牛のオリンピック『全国和牛能力共進会』で日本一を取得したことがある牛肉です。柔らかく食べやすい舌ざわりです。

 
 

完熟きんかんたまたま

243450_2

出典 高千穂町

 

日本のきんかん生産量60%以上を占めている宮崎には、糖度が高く大きなきんかん『たまたま』というブランドがあります。たまたまは他のきんかんよりも大きく、糖度は16度以上。たまたまExcellentは3.3cm以上で、糖度も18度以上あります。
特別な時に食べたい、驚くほどに甘く美味しいきんかんです。えぐみもありません。

 

 
 

カッポ酒

243450_3

出典 高千穂町

 

カッポ酒とは、節をくり抜いた竹に焼酎や清酒を入れて焚火で温めたものです。竹のエキスがなじみ、お酒自体の味わいが変わります。
全国各地に広まっていますが、元々は高千穂で行われ始めた物だとのこと。

 

 
 

カッポ鶏もご紹介♪

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る