自分を苦しめる悪夢をアートとして表現した男性、その不気味な世界から目が離せない(画像12枚)

2017/2/23 | 11,830 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

誰しも一度は、脂汗をかきながら目覚める『悪夢』を見たことがあるはずです。
大きな怪獣に追いかけられたり、仕事や学校に遅刻してしまったり、不気味な物に命を奪われそうになったりと、人それぞれいろいろな悪夢があるでしょう。

 

ここでご紹介するフォトグラファーのニコラス・ブルーノさんは、15歳のころから金縛りにあい、不気味な悪夢を見ています。
彼は自分の見る悪夢に蝕まれ、不眠症やうつ病に悩まされました。
彼は、高校の教師の助言を受けて、写真として悪夢を記録することで恐怖と戦っています。
悪夢を芸術として昇華させた、深い世界観の写真をご覧ください。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

息をのむような世界観です。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
87581eye

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る