HOME

「瀬戸内海一の美」にも納得。浦島太郎伝説の地、香川県三豊市の魅力。

2017/3/1 | 3,205 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

三豊市は、香川県香川県の西讃地方にある自然の美しい土地です。
浦島太郎伝説にゆかりのある地の一つであり、浦島太郎にまつわる場所や地名なども残っています。
ご紹介するのは、合併10年の記念に作られた三豊市の魅力をご紹介するPR動画です。
魅力的な観光地などをピックアップしてお伝えしていきます♪

 
 

紫雲出山

RAFUWORKSさん(@rafuworks)がシェアした投稿

 

saaさん(@s__atn07)がシェアした投稿

 

雲出山(しうでやま)は、瀬戸内海に突き出た荘内半島にある山です。
頂上には展望台があり、瀬戸内海と山々を見渡すことができます。
伝説によると、紫雲出山の名前の由来は、浦島太郎が玉手箱を開けた際の煙に似ているからだそう。

 
 

志々島 大楠

248083_1

出典 YouTube

 

zitta750さん(@zitta750)がシェアした投稿

 

々島のシンボルと言われている大楠は、樹齢約1200年の大きな木で、県の天然記念物に指定されています。
高さ40m、根元の周りが12m以上ととても大きく、実際に目にすると神々しさを感じるとのこと。

 
 

フラワーパーク浦島

248083_2

出典 YouTube

 

Tom Storkさん(@tomstork)がシェアした投稿

 

ラワーパーク浦島は、市営の花畑です。花畑から瀬戸内海を見渡すこともできるため、他ではあまり見れない思い出に残る景色を見ることができます。

 
 

萬福寺

248083_3

出典 YouTube

 

 

福寺は藤の花の名所としても有名で、藤寺とも呼ばれています。4月の末から5月中旬ごろまで楽しめるそうです。

 
 

四国霊場70番札所 本山寺

248083_4

出典 YouTube

 

 

山寺の本尊は馬頭観世音菩薩。五重塔四国霊場に4か所しかないそうです。本堂は国宝に指定されています。

 
 

1年に一度しか行けない津嶋神社。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る