福岡県大川市のレトロとノスタルジー。その美しさと世界観に目を奪われる。

2017/3/6 | 4,113 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

福岡県大川市は家具工芸の町

 

福岡県の南の方に位置する大川市は、伝統息づく町です。
家具の生産地として知られており、姉妹都市であるイタリアのポルディーネとは家具工業界どうしの交流があります。

 
 

 
 

西側を流れる九州最大の河川、筑後川には昇開橋がかけられており、東洋一の可動鉄橋は現存するもののなかでは一番古いものになります。

 

あまおうや旅出しうなぎなど、お腹を満足させる名産品も盛りだくさん!
そんな大川市の観光スポットをご紹介いたします!

 
 

旧吉原家住宅で職人の技術を見る

 

細かい職人の技術が光る旧吉原家の住宅は、ぜひとも訪れたい場所の一つ。
天井と鴨居の間、欄間に施された彫刻は、それぞれの間で異なった技法を取り入れています。

 
 

dora_desuさん(@dora_desu)がシェアした投稿

 
 


大川彫刻は伝統工芸の技


 

福岡県知事指定の特定工芸品として注目されているのが、大川彫刻です。
大川彫刻で有名なのが欄間であり、旧吉原家住宅ではその技が見ることができます。

 
 

 
 

 
 

現在、熊本地震の影響で長期修繕中で見学ができないのが残念ですが…。
再び、大川の職人さんの技術を見れる日を心待ちにしましょう。

 
 

風浪宮で参拝

 

おふうろうさんと呼ばれ、親しまれている風浪宮はワダツミノミコト(三座一体)を御祭神とする神社です。
そのゆかりは、皇后の乗った船の近くに突然、白鷺が現れて、この白鷺を皇后はワダツミノミコトの化身だと思い、白鷺の止まったところにお社を建てたことが始まりだそうです。

 
 

 
 

社殿の赤がとても映えますね!
風浪宮は自然に囲まれ、入口の石橋も風格があり、歴史を感じさせます。

 
 

 
 

雪化粧も美しい、風浪宮!
季節折々の顔を楽しむことができます。

 

じっくり見て回りたくなるお洒落な洋風美術館。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
58863_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

takeo_icon

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る