【世紀末】宇治市が舞台のアクションゲーム!?市がプレイ動画を公開、前衛的すぎてやってみたいの声多数

2017/3/7 | 3,926 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

観光アクションゲーム「宇治市〜宇治茶と源氏物語のまち〜」の舞台は宇治市。
宇治市と言えば、知らぬ人はいない観光・お茶の名所ですよね。

 

伝統を重んじる、生真面目な印象のある宇治市ですが、今回発表したPR動画が大変前衛的だったため話題になっています。

 
 

249350_1

出典 YouTube

 
 

 

 

 
 

宇治市が作ったのは、宇治を舞台にしたゲームと、そのプレイ動画です。
内容は、世界遺産である「平等院鳳凰堂」「宇治上神社」などを初めとする観光地や、美味しい宇治茶などを取り戻すために、貴族の出で立ちをしたキャラクターが戦います。

 
 

249350_2

出典 YouTube

 
 

萬福寺

ゲーム内には宇治市の名所がいくつも登場します。
敵を倒し名所まで進むと、『かんこうボランティア』さんが親切に説明をしてくれるのです。
ところで、パンを食べるとムキムキになるのは、京都がパンの消費量日本一の土地だから…!?

249350_3

出典 YouTube

 

カイパン

こちらは萬福寺の開版で、木魚の原形となったもの。叩いて時間を知らせるそうです。
口に加えているのは人の煩悩だと言われています。
この魚、なぜか巨大化してプレイヤーを襲って来ます。

249350_4

出典 YouTube

 
 

駒蹄影園碑

宇治茶は、鎌倉時代前期の華厳宗の僧である明恵(みょうえ)によって栂尾の茶を宇治の地に移植されたのが始まりとなります。
駒蹄影園址碑(こまのあしかげえんあとひ)とは、そのことを刻んだ碑になります。

249350_5

出典 YouTube

 
 

玉露

カイパンから逃げた先には、玉露の海が!
宇治茶は、静岡茶とともに「日本二大茶」と言われており、鎌倉時代から生産されていたそうです。
玉露製法が開始されたのは1835年ごろで、山本徳翁によって作られたと言われています。

249350_6

出典 YouTube

 
 

隠元禅師

カイパンを倒すと、隠元禅師(いんげんぜんじ)が登場しました!
隠元禅師は明から来日して萬福寺を開き、中国より多くの物を持ちこみました。
スイカや筍、蓮根やインゲンマメなどがその中の一つだそうです。

249350_7

出典 YouTube

 
 

動画を見るとやってみたくなってしまう…!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post96994_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

267277

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る