HOME

全国有数の“水景公園”!?福岡県福岡市にある地元の人に愛される人気スポット『大濠公園』を紹介

2017/3/8 | 4,225 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

福岡県福岡市のほとんど中央に位置している大濠公園は、総面積が約39万8千平方メートル、そのうち大部分を池が占めています。
日本でも有数の“水景公園”であり、公園の中には、子供が遊べる遊具があるどんぐり公園・白鳥のボートに乗れるボートハウス・伝統的な日本庭園・美術館・能楽堂など様々な施設が設けられています。

 

249882_1

提供:福岡市 撮影者:Fumio Hashimoto

 
 


ジョギングとしても多く利用される大濠公園


 

池を周回する大きなジョギングロードが整備されており、足に優しいといわれるゴムチップ舗装や、距離表示等がしっかりと書かれているので人気のジョギングスポットとして地元の人に愛されている場所です。

 

shinさん(@ktm_shin)がシェアした投稿

 

@may___umiがシェアした投稿

 
 


公園の真ん中にある浮見堂・・・!?


 

この場所はかつて博多湾の入り江であり、福岡藩初代藩主・黒田長政が築いた福岡城の外堀として城の護りとされていました。明治維新で福岡城が廃城になると、築城時に今の天神界隈まで築かれていた肥前堀と呼ばれるお堀が埋め立てられたことにより、水の循環が滞って環境悪化の原因になることが懸念されたそうです。それで、この大濠を埋め立てる計画がいくつか立てられたといいます。

 

その中にはなんと遊園地化計画もあったそうですが、最終的には「大濠を活かそう」と公園にする計画に決まり、1929年(昭和4年)に開園。1975年に開催された「福岡大博覧会」の会場にもなりました。

 

海外のさまざまな公園を参考に考えられたそうですが、戦後に移設された浮見堂があることから、中国浙江省の名所・西湖をモデルにしたようだともいわれているようです。

出典 福岡市公式シティガイド よかなび

 

 

Martinさん(@mr_martinsz)がシェアした投稿

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る