HOME

激的なビフォー&アフター!品種改良前の野菜や果物の姿に驚きを隠せない・・・・・・!

2017/3/10 | 6,560 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

いまや色とりどりにスーパーなどに並ぶ野菜や果物。
しかし彼らにも栽培される目的ではなく、ただ植物として野性的に生えていた時期もありました。
品種改良される前の野菜や果物って、どんな姿をしていたのでしょう・・・・・・?
今回、いくつかの例をご紹介します。

 
 

野菜や果物の品種改良前の姿6選!

・スイカ

 

▼ after

250322_1

出典 sciencealert

 
 

こちらはよく見る現代のスイカ。
赤々とした果肉にはたくさんの水分が含まれています。
しかしこれが昔のスイカだと・・・・・・?

 
 

▼ before

250322_2

出典 sciencealert

 
 

!?
これは17世紀に描かれた絵だと言われていますが、今の果肉のみずみずしさはどこにも感じられませんね!

 
 

・バナナ

 

▼ after

250322_3

出典 sciencealert

 
 

細長いフォルムと、しっとりとした果肉が特長。
皮が簡単にむけるのも嬉しいですよね♪

 
 

▼ before

250322_4

出典 sciencealert

 
 

元々のバナナは細長くもなく、種もあったそうです!
バナナが最初に収穫されたのは7000年も昔だとか。
パプアニューギニアや東南アジアで採れたのだそう。

 
 

・にんじん

 

▼ after

250322_5

出典 sciencealert

 
 

オレンジ色の鮮やかなにんじん。
味はちょっと濃いめ。

 
 

▼ before

250322_6

出典 sciencealert

 
 

これゴボウじゃん!と、ツッコミたくなる姿。
10世紀のペルシャにはじめて栽培されるようになったとされるにんじん。
紫か白のようだった色は、のちに黄色く変わっていったそうです。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る