HOME

「あっぷろう」って何?青森のお父さんが作った変な言葉には娘への深い愛情が込められていた

2017/3/10 | 14,252 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

地元から上京して一人暮らし。
地方出身の社会人や大学生の多くが経験していることです。
今回は、そんな地元を離れて頑張っている人たちの心が温まる家族の動画をご紹介します。

 
 

あっぷろう、青森県

 

この動画は青森県のPR動画です。
でも、観光スポットや名物グルメを紹介しているわけではありません。
「あっぷろう、青森県」のテーマは親子の絆。
娘に不器用な愛情を注ぐお父さんの姿が胸を震わせます。

1

 
 

動画のストーリーは、東京で働く娘のもとへ一通の手紙が届くところから始まります。

2

 
 

あっぷって?」
手紙に記されていた言葉に首を傾げる娘。
他県民からすると、青森の方言のようにも聞こえる言葉ですよね。
でも、実はこの言葉にお父さんの深い愛情が込められていたんです。

3

 
 

「昔からお父さんは変な言葉を使うことが多かった」と、お母さんにグチを零す娘。

4

 
 

焼いたサンマを見せて「じゃじゃーん!これ、焼きぽよ!」

5

 
 

お祭りの日に彼氏とデートを楽しむ娘の前にあらわれて、焼き鳥=地鶏棒をプレゼントしてきたり・・・。

6

 
 

就職が決まり、東京へ旅立つ娘へ「ズッかぞだかんべな」

7

 
 

どこか意味がずれているお父さんの言葉。
でも、そこには娘との絆を大切にしたいという強い気持ちがあったんです。

 
 

お父さんの健気な姿と「あっぷろう」の意味は次のページにて!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る