生物が生息できないほどの強酸性の湖、世界でも例がない蔵王連峰『五色沼』の迫力ある絶景に感動!

2017/3/17 | 9,189 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

宮城県刈田軍蔵王町にある『五色沼(御釜)』は、蔵王連峰の中でも人気の見所の一つです。

 
 

 
 

連なる山々がまるで絵の世界のように美しく、日本百名山にも選ばれている蔵王連峰は、四季によって全く違う顔を見せてくれる美しい山です。
その中央部に位置する火口湖が五色沼。中心部に溜まった池は、奇跡のように美しいと語り継がれています。

 
 

 
 

五色沼には生物が住めない?

季節によって映り変わる池の色がこの世の物とは思えないほど美しい五色沼ですが、強い酸性のため、基本的に生物は住めません。
五色沼のpHは3.5、だいたいみかんやポン酢と同じくらいのpHのようです。
ちなみに、pHは数値が低くなればなるほど酸性で、5.5以下で歯が溶けはじめるようです。
健康を考えると、7.4前後の弱アルカリ性が良いと言われていますし、人間にもあまり適していなさそうですね。

 
 

Funayamaさん(@f7nym)がシェアした投稿

 
 

生物のいない水の中が気になるかもしれませんが、五色沼は火山活動の関係で湖岸に降りることができません。
離れた場所から観察することになりますので、訪れる際は双眼鏡などを持っていくといいかもしれませんね。

 
 

 
 

世界でもここしかない、湖の温度。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post96994_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

267785_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る