巨大でジューシ~!アメリカ海軍のレシピから進化し庶民に根付いた『佐世保バーガー』が魅力的!

2017/3/17 | 3,547 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

佐世保バーガーは、長崎県佐世保市のご当地グルメです。
現在、佐世保バーガー認定店舗は25店舗以上あり、全国的にも人気となっています。

 
 

 
 

佐世保バーガーの特徴

 

佐世保バーガーには、実は「こうでないといけない」といった特徴はありません。
「地元の食材を使っている」「注文を受けて作り始める」ということを定義としているため、店によってさまざまな種類のバーガーを食べることができます。
ただ、人気店を見てみると、アメリカンサイズのボリュームがあるバーガーが多いようです。

 
 

 
 

佐世保バーガーの歴史

 

戦後、佐世保にはアメリカ海軍が進駐。
1950年頃、地元の人が海軍の関係者にハンバーガーのレシピを教わったのが佐世保バーガーの始まりです。
当時はアメリカ人向けに作られていましたが、時を経て佐世保流にアレンジされて行ったそう。

 
 

@kaorimelonがシェアした投稿

 
 

イメージキャラクターはやなせたかしさんが

 

佐世保バーガーのイメージキャラクター『佐世保バーガーボーイ』を生み出したのはアンパンマンで有名なやなせたかし先生。
佐世保市の依頼で2003年に誕生して以降、2006年にデザインされた『させぼのボコちゃん』と共にグッズ展開もしています。
(※させぼのボコちゃんもやなせたかし先生のデザイン)

 
 

@tomoya2333がシェアした投稿

 
 

佐世保に行くなら、一度は食べたい!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
58863_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

254082_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る