HOME

夕暮れ時が特におすすめ♡大ヒット映画「君の名は。」のモデルにもなった『立石公園』をご紹介!

2017/3/24 | 7,161 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

映画「君の名は。」の風景モデルとなっている公園

 

驚くほどの動員数を誇る、映画「君の名は。」
ご覧になった人も多いのではないでしょうか?

 

「君の名は。」では、美しい湖やそこから観る景色が素晴らしいアニメーションで表現されていましたが、これらのモデルとなっているスポットがあるのをご存知でしょうか。

 

そこは、長野県にある「立石公園」という公園です。

 

 

早速、立石公園について詳しくご紹介していきたいと思います!

 
 

立石公園の見どころはやっぱり夕暮れ時!

 

映画の中で登場した街は、もちろん架空の街になりますが、実際に立石公園から望む風景を見てみると、「君の名は。」に出てくる街の風景とそっくりです。

 

 

 
 

けれど、「君の名は。」ファンならやはり夕暮れ時の立石公園の風景を眺めたいですよね。

長野県各地の日の入りは、国立天文台のホームページで確認できますが、より美しい夕景を見たい場合は、日の入り時刻よりも少し早めに訪れることをおすすめします。

 

 

よりさまざまな景色を楽しみたいという人は、日の入り1時間ほど前に訪れると、明るい時間の景色から夕暮れ時、そして暗くなった後の夜景まで幅広い風景を見られますよ!

 

 
 

「君の名は。」の中であった「かたわれ時」とは?

 

映画「君の名は。」の作中では、「かたわれ時」という時間がキーポイントとなっていました。

 

この「かたわれ時」とは、実際には「黄昏(たそがれ)時」と呼ばれる時間で、日が落ちてすぐ、まだ少し空に赤みが残っている時間を指しています。

 

映画などの撮影では、より幻想的なシーンが撮れるため、「マジックアワー」とも呼ばれているそうですよ!

 

 
 

次のページでは、立石公園を訪れた人の感想をご紹介します!
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る