HOME

指輪のお守りが大人気!手に入りづらいサムハラ神社の『御神環』とは?

2017/3/28 | 63,551 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

大阪にあるサムハラ神社はパワースポットとして有名です。
大阪市西区のビルが立ち並ぶ場所に、ひっそりとある神社ですが、大阪市民だけでなく遠方からもたくさんの人が訪れています!

 
 

サムハラとは?

 

サムハラ神社ではサムハラ大神(「天之御中主神」「高皇産霊神」「神皇産霊神」の三神)を祀っています。
サムハラはサンスクリット語の「シャンバラ」が由来と言われており、言葉の意味は幸せの維持や平和などがあります。

 
 

サムハラの文字にもご利益があると言われています

 
 

 
 

こちらがサムハラの字です。
神字と呼ばれるこの文字は漢字とは違い、この文字自体にパワーがあるとされており、文字を書いたり、「サムハラ、サムハラ…」と声に出して唱えるだけでも、厄が逃れられるとも言われています!

 
 

 
 

賤ヶ岳の七本槍の一人、加藤清正が愛刀にこの文字を彫り、弾除けになったとの言い伝えもあるんです♪

 
 

ご利益は折り紙付き!?!
サムハラ神社一番人気の指輪のお守りとは??

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る