HOME

お皿からはみ出てる!高知のダイナミックな郷土料理「皿鉢料理」が豪華すぎてテンションあがる!

2017/4/3 | 6,569 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「皿鉢(さわち)料理」は料理の枠を飛び越えてる!?
今回は、豪華&豪快すぎる高知の郷土料理をご紹介していきます。

 
 

お皿から溢れそう!盛りまくりな皿鉢料理

 

山と海に囲まれた南国・高知県で生まれた『皿鉢(さわち)料理』。
盛り付け・食材ともに芸術と称しても良いほどの迫力ある料理となっています。

 
 

 
 

お皿に盛られる料理は、刺身、鰹のタタキ、寿司、組み物の組み合わせが一般的。
組み物とは、揚物・煮物・酢物などの盛り合わせを指します。
高知の伝統的な郷土料理では、生物(なまもの)・寿司・組み物の3種類が皿鉢料理となります。

 
 

 
 

皿鉢料理はどんな時に食べるのかというと、おめでたい時に食べます。
結婚式や出産祝いなどの祝いの席だけでなく、お正月におせち料理と一緒に出す家庭も多いようです。

 
 

 
 

もともとの由来は、五穀豊穣の祈願や収穫を感謝する収穫祭に、神様へのお供え物として色んな食材を供えたことが始まりです。
お祭りが終わった後、供えていた食材を調理して神様にお供えし、みんなでも一緒に分け合って食べていました。

 
 

 
 

近年は神事の風習が薄れて、祝い事の料理として定着しているようです。
中にはこんな説も?

 
 

 
 

高知県民のソウルフード・皿鉢料理はこんなモンじゃない!?
次のページ で皿鉢料理の本気っぷりをご紹介します!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る