HOME

震災から1年、熊本城を包む桜の美しい姿に感動

2017/4/14 | 3,291 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

桜が舞い散る季節ですね。
2016年4月14日に起きた熊本地震から1年、熊本城の周辺は花見客で賑わっています。

 

 
 

熊本城といえば、地震の際に石垣が倒壊したりと大きなダメージを受けていますが、現在も復旧工事を続けており、現在は天守閣に鉄骨が設置されているそうです。

 

 
 

熊本城の桜はすでに満開になっており、平年よりもやや開花が遅かったものの、美しい景色を見せてくれています。

 

 
 

 
 

熊本城は現在一部を除いて立ち入り禁止になっています。
4月2日と9日には、 桜の名所である「行幸坂」の上り口から桜の馬場城彩苑の北側まで、約200mが一時的に開放されました。

 

 
 

熊本城では毎年800本近くの桜が咲き、毎年県外や国外からも多くの観光客が訪れます。
桜の種類は、ソメイヨシノやヤマザクラ、ヒゴザクラなどを楽しむことができます。

 

 
 

Twitterに寄せられた写真とコメント。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る