HOME

静寂の中「熊野古道」を歩き、日本一の名瀑「那智の滝」を観る!和歌山が誇る世界遺産の旅はいかが?

2017/4/21 | 4,693 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

あなたも和歌山の数々の絶景を見て、日々の疲れを癒しませんか?

 
 

那智の滝 – 熊野那智大社

 

まずご紹介したいのが国指定名勝・・・・・那智川の中流にかかる『那智の滝』です。
落差はなんと133m。これは日本一の落差であり、茨城県にある「袋田の滝」、栃木県にある「華厳の滝」とともに日本三名瀑の一つとして知られています。

 
 

EMIKA.さん(@emika_harima)がシェアした投稿

▲ これが『那智の滝』です!

 
 

▲ 大迫力の景色・・・・・・!!

 
 

▲ 銚子口の岩盤に三つの切れ目があり、滝が三筋に分かれていることから「三筋の滝」とも呼ばれています。

 
 

滝の上に張られている注連縄は、毎年7月9日と12月27日に行われる「御滝注連縄張替行事」によるものです。
これは「飛瀧神社」の御神体として那智滝を崇め、古くからの神事にのっとり行っている行事です。

 
 

BUNSHIROさん(@toranoneco)がシェアした投稿

▲ 「飛瀧神社」は熊野那智大社の別宮で、本殿や拝殿もなく、直接滝を拝みます。

 
 

熊野那智大社は、那智勝浦町にある神社で、熊野三山の一つです。

 

▲ こちらが熊野那智大社。那智の滝から約1kmほど離れた場所にあります。

 
 

▲ ちなみに熊野那智大社内には、樹齢約850年の御神木(樟の木)が!

 
 

▲ 473段の石段を登り辿り着く社殿

 
 

すごい・・・・・・美しい!

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る