HOME

2万体の人形や女性の下着が奉納されている!?和歌山県の珍スポット「淡嶋神社」

2017/5/2 | 6,879 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

今回ご紹介するのは、和歌山県の「淡嶋神社」。
和歌山市加太に位置しており、全国に約1000社余りある淡嶋神社系統の総本社なんです。
実はこの淡嶋神社、珍スポットとしても名高いんです!
それは一体なぜなのでしょうか?

 
 

境内に2万体の人形が!

 

淡嶋神社の一番の特徴といえば、境内に奉納された人形の数々。
なんとその数、2万体にも及ぶんです!

 

 
 

ここにも…

 
 

ここにもいます!

 
 

実はこの淡嶋神社、昨年ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)で行われた【祟(TATARI)~生き人形の呪い~】という企画の際、600体以上の日本人形を貸し出したとしてちょっと話題になりました。

 

 
 

2月8日には全国から集められた針を供養する針祭、そして3月3日にはいくつものおひな様を舟に乗せて海へと流す雛流しが行われています。

 

 
 

ちなみに郵送での供養は受け付けていませんので、希望される方は直接淡嶋神社へ足をお運びくださいね。

 

kzさん(@umrjp37)がシェアした投稿

 
 

女性の下着が奉納されてる!?

次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る