ライトアップが幻想的!映画のロケ地にもなった岡山県の「満奇洞」

2017/4/21 | 188 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

有名な女性歌人、与謝野晶子が「奇趣に満ちた洞」と詠んだことから名付けられた洞窟をご存知ですか?
岡山県新見市にある『満奇洞』は、1977年に公開された映画「八つ墓村」のロケ地にもなった、別世界のような不思議な雰囲気の洞窟です。

 

どんな洞窟なのか、早速チェックしてみましょう!

 
 

全長450m、洞窟博物館とも呼ばれる洞窟

 

満奇洞は岡山県の天然記念物にも指定されている、全長450mの鍾乳洞です。

 
 

SRTBK_KMMさん(@srtbk_kmm)がシェアした投稿

 
 

洞窟の中には洞穴サンゴやつらら石など、様々な種類の鍾乳石があります。
そのため、満奇洞は「洞窟博物館」とも呼ばれているそうです!
景色の変化に富んでいて見ごたえがあります。

 
 

見所はいろいろ

 

満奇洞は約30分ほどで見て回れる洞窟です。
その30分の間に、たくさんの違った光景に出会うことが出来ます!

 
 

▼ 「千枚田」

 

ここは映画にも出てきた場所です!

 
 

▼「ケルンの寺院」

 

まるで壁が迫ってくるような光景です。

 
 

狭い道や、頭上が低いところがあるので、歩くときに注意しなければいけない場所も。

足元が濡れていて滑りやすい場所もあるので、気をつけましょう!

 
 

ライトアップされる光景は幻想的

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post170040_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

okadaic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る