HOME

脱雨男・雨女できるかも?日本で唯一お天気の神様が祀られいる『気象神社』

2017/4/28 | 4,767 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

東京都杉並区にある氷川神社の末社に『気象神社』という、全国で唯一お天気の神様をお祀りした神社があります。

 
 

氷川神社の境内にある、希少な神社

 

気象神社がある氷川神社は、スサノオノミコトを祀っている神社です。
埼玉にある氷川神社が総本社となります。

 
 

▼ 杉並区の氷川神社

 
 

高円寺駅から歩いて3分ほどのところにあるこの神社は、戦時中に一度焼失しましたが、後に再建されました。

『気象神社』は、この氷川神社の境内にあります。

 
 

全国でここだけ

 

珍しい名前のこの神社は、昭和19年に陸軍気象部の構内に造られたものでした。

 

▼ 現在の気象神社

 

戦後、本当は神道指令によって撤去されるはずだった神社なのですが、たまたま調査漏れで残ったのだそうです。
神道指令はGHQが日本国政府に発した覚書の通称で、この中に国家神道の廃止が入っていました。
気象神社も調査漏れがなければ撤去されていたのでしょう。

 
 

▼ 御祭神は『八意思兼命』

 

元々は旧馬橋4丁目にありましたが、現在は氷川神社の境内の末社となっています。

 
 

気象神社のお守りや絵馬はどんな形?

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る