HOME

ギリシャの建物のような真っ白な巨大アート作品が境内に!お寺全体が博物館の「耕三寺博物館」

2017/5/2 | 4,440 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

とても個性的な構造の博物館が広島県尾道市に!

全国にさまざまな展示を行なう博物館がありますが、広島県尾道市にある「耕三寺博物館」は、ただの博物館ではないようです。

 
 

▼耕三寺博物館

 
 

もともと耕三寺博物館は大阪の実業家であった「耕三寺耕三」という方が、亡くなった母親のために建立したお寺

 

とても立派な建造物が多く、寺内にある数多くの棟が登録有形文化財に指定されています。

 

そして耕三寺家の所有していた美術品の展示などもあり、お寺そのものが博物館になっているのです。

 
 
▼日光東照宮陽明門をイメージして作られた孝養門

@lieu_de_souvenirsがシェアした投稿

 
 

未来心の丘がすごい!

耕三寺博物館を訪れたら、絶対に見ておきたいのが「未来心の丘」。

 

彫刻家として活躍している杭谷一東氏が手がけている環境芸術で、広い敷地の中に杭谷氏の手がけるオブジェが点在しています。

 

23111knさん(@23117kn)がシェアした投稿

 

使用されている大理石は、全て杭谷氏のアトリエがあるイタリアから運んできているとのこと、ものすごい手間がかかっているのですね!

 
 

▼こちらは「光明の塔」

 
 

▼「安らぎと力の腰掛け」

 
 

▼「亀玉の舞台」

 
 

真っ白の大理石と青空のコントラストが美しく、晴れた日はとてもよい気分で散策できます。

 

未来心の丘の中には同じく大理石で作られたカフェもありますので、こちらでお茶をするのもおすすめです★

 
 

次のページでは、耕三寺博物館を
訪れた人の声などをご紹介しています★
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る