HOME

焼酎に黒毛和牛、美しい薩摩切子も!愛でて味わい楽しめる鹿児島県さつま町の魅力的な特産品をご紹介♪

2017/5/8 | 2,081 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

旅行に来たら、その地の特産品をお土産に購入して帰りたいですよね♪
今回は鹿児島県さつま町の特産品をご紹介します。

 
 

薩摩西郷梅

 

ume

出典 さつま町観光特産品協会

※許可を得て掲載しています。

 

さつま町は梅の産地としても知られており、その大粒の実が特徴。
2010年には「薩摩西郷梅」として商標登録されました。
4~5日間天日干しして作られる梅干しのほか、梅ドレッシング、梅マーマレード、梅ようかん、梅ジュース、梅エキスなどの加工品もあります。

出典 さつま町観光特産品協会

※許可を得て掲載しています。

 

 

 
 

あおし柿

 

あおし柿を作る光景はさつま町の温泉・紫尾温泉の秋の風物詩とも言われています。
渋柿を甘い柿にするために約12時間、なんと温泉に浸すのです!

 
 

あおし柿専用の温泉で渋みが抜けるまで、浸け込みます。

 
 

引き揚げた後は、柿からは微かに温泉の香りが残り、独特の甘みを持つんだとか。
温泉に浸けた柿、気になりますね!

 
 

黒牛

 

鹿児島県といえば、黒牛
さつま町でも黒牛は特産品のひとつです。

ushi

出典 さつま町観光特産品協会

※許可を得て掲載しています。

 
 

見事な霜降りでとても美味しそうですね!
さつま町の黒牛はきめが細かく、柔らかい肉質が特徴だそうです。

 
 

まだある!鹿児島で有名な特産品といえば?

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る