HOME

妖怪「一反木綿」が伝承されるまち、鹿児島県肝付町。その目撃スポットと秘密を追う!

2017/5/11 | 8,445 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

怖い怖いと思いつつも、ついつい怪談話には耳を傾けてしまいませんか?
今回は妖怪「一反木綿」についてご紹介したいと思います。

 
 

一反木綿について

 

恐らく「一反木綿」と聞いて大多数の人は水水木しげるさんの某漫画「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターを連想するかと思います。

 
 

 
 

実はこの妖怪・一反木綿は、鹿児島県に伝わる妖怪であるとご存知でしたか??

 
 

● 東洋のフロリダ「肝付町」

 

Ryohei Dさん(@notch123)がシェアした投稿

 
 

場所は、鹿児島県肝属郡肝付町
大隅半島に位置し、高々とした山並みが連なりながら、50kmもある綺麗な海岸線もあります。
伝統「やぶさめ」のほか、ロケット打ち上げ施設の「内之浦宇宙空間観測所」があることで有名なまちです。

 
 

● 一反木綿とは?

 

 
 

約一反(長さ約10.6m、幅約30㎝)の白い布のような姿をした妖怪。
ヒラヒラと宙を舞いつつ、人に襲いかかる怖ろしい妖怪です。
その布状の体を使って人の首に巻きついたり、顔に覆いかぶさって人を窒息死させたり。
ときにはぐるっと人間を体に巻き付け空へ飛び去ってしまうとも伝えられています。

 

一部地域では、子供が遅くまで遊んでいると「一反木綿が出るよ」などと言い、定番脅し文句もあるんだとか。

 
 

次は一反木綿に纏わるスポットをご紹介!

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る