めちゃめちゃバリエーション豊か…!沖縄県民のソウルフード『沖縄そば』にはこんなに種類があった!!

2017/5/11 | 4,849 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

沖縄そばとは、小麦粉で作られた麺を使ったラーメンやそばのような料理で、沖縄の人々にとってはうどんやそばよりも馴染み深い食べ物です。
農山漁村の郷土料理百選にも選ばれています。

 

 

沖縄そばには色々な種類がありますが、基本的には乗っている具が違うだけなのだそう。
スープは豚と鰹のブレンドが多いのですが、店によって味付けはさまざまです。

 

「沖縄そば」
基本となる沖縄そばで、三枚肉とかまぼことネギなどが乗っています。
お好みで紅ショウガも乗せます。

 
 

「ソーキそば」
ソーキとは骨付きあばら肉=スペアリブのこと。じっくり煮込んだものが乗ってます。
食べ応えがあって人気です。
本ソーキが硬い骨、軟骨ソーキは文字通り軟骨を使っていて、とろけまで軟骨を煮込んでいるのですべて食べられます。

Ctabiさん(@cheee43)がシェアした投稿

 
 

「てびちそば」
てびち(豚足を煮込んだ具)が乗っています。

@___g_h___がシェアした投稿

 
 

「ゆし豆腐そば」
おぼろ状になった豆腐が入っています。

 
 

「野菜そば」
野菜炒めが乗っています。ヘルシーでいいですね。

 
 

また、麺が違う八重山そば、宮古そばも沖縄そばに分類されると言われています。

 
 

食べ比べたい…!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post96994_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

267277

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る