HOME

酢味噌との相性抜群!熊本県の郷土料理『ひともじのぐるぐる』とは?

2017/5/12 | 6,070 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

熊本の郷土料理をご紹介します★

全国に「郷土料理」と呼ばれるその土地ならではの料理がたくさんありますが、今回ご紹介するのは熊本の郷土料理、「ひともじのぐるぐる」です。

 

「ひともじのぐるぐる」と聞いても、一体どんな料理か想像ができませんよね。
噂の郷土料理はこちらです!

 
 

▼たしかにぐるぐる!

 
 

「ひともじのぐるぐる」は、「ひともじ」という野菜を茹で、根を軸にして葉をぐるぐると巻いて酢味噌をつけていただくお料理なのだそうです。

 

「ひともじ」は、熊本では「ひともじ」と呼ばれていますが、ほかの地域では「わけぎ」と呼ばれ、わけぎなら聞いたことがある、という人も多いと思います。

 

ちなみに、南九州では「せんもと」と呼ぶのだそう。

 
 

▼熊本では居酒屋のメニューにもあるそうです

 
 

わけぎは、万能ねぎにも似ている青いネギのような野菜ですが、白い根の部分のふくらみが大きいのが特徴です。

 
 

「ひともじ」の由来や栄養価について

こちらの野菜が「ひともじ」と呼ばれるようになったのは、生えている時の姿が「人」の形に似ているためなど、いろいろな説があるようです。

 

「わけぎ」で考えた場合、見た目がネギと似ているので万能ねぎやあさつきなど薬味として食べるイメージが強いですが、本来はわけぎとネギは別の種類で、わけぎはネギと玉ねぎの中間の種類にあたります。

 
 

▼こちらが「わけぎ」

 
 

わけぎはネギと比べると辛味が少ないので、ネギが苦手な人でも薬味として取り入れやすいかもしれません。

 

カロチンやビタミンCなどの栄養素を豊富に含む緑黄色野菜なので、日頃から積極的に食べたい食材です(^_^)

 
 

次のページでは、「ひともじのぐるぐる」の作り方や、
口コミなどをご紹介しています♪
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る