HOME

『ほいじゃけえ』『ええけぇ』いかついイメージが強いけど実はかわいい広島弁(10個)

2017/5/17 | 12,714 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

仁義なき戦いのような、いかつくてこわいイメージが付いてしまっている広島弁ですが、そこに暮らしている人にとっては「どこがこわいの?」といった感じのようです。
実際に使われている広島弁がどんなものなのか、ご紹介して参ります。

 
 

広島弁は女性が話すとかわいい…?

 

1 たいぎい
『面倒くさい』『かったるい』などの意味で使うようです。
大儀という言葉と通じるところがありそうですね。

 
 

2 はぁ
『もう』
若い人は使わないそうですが、「もういいよ」→「はぁえーよ」という形で年配の方が使うようです。

 
 

(厳島神社の鳥居)
265440_1

出典 Flickr

 
 

3 ほいじゃけー
『そうだから』
広島弁が登場する映画などでよく聞きますね。
地域によっては「ほいじゃけん」「ほいじゃけんね~」と使うことの方が多いようです。

 
 

4 じなくそげな
『うそっぽい』
若い人はあまり使わなさそうですが、時々使う人もいるようです。
「なにゆーとんね、じなくそげなねぇ…」という使い方をします。

 
 

(お好み焼き)
265440_2

出典 Flickr

 
 

5 わや
『めちゃくちゃ』
わやは四国や大阪、九州の一部などでも使うようです。北海道でも同じような意味で使うそうです。
「頭がわややわ(頭の中がめちゃくちゃだ)」などと使ったり、「わやくそにしやがって」と使うことも。
広島弁との親和性が高いですね(笑)

 
 

やっぱり広島弁はこわい…!?

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る