HOME

【日本初開催】ジャンプ台の急斜面を全力疾走!?札幌で『世界で最も過酷な400m走』が行われる!

2017/5/19 | 13,919 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

5月21日(日)、世界一キツイ徒競走が、札幌市にある『大倉山ジャンプ競技場』で開かれます。

 
 

 
 

この徒競走『Red Bull 400』は、世界的に有名な飲料メーカー、レッドブル・ジャパンが主催しており、2011年に始まって以降、世界各地で行われています。(今回は、日本を入れて13カ国で開催)

 
 

ジャンプ台の斜面を…!!

この競技が行われる場所は平面の競技場ではありません。
『スキージャンプ』の競技場です。
出場者が400メートルを疾走する場所は、なんとジャンプ台の急斜面!

 
 

 
 

こちらは、今年5月14日に『Red Bull 400』が行われた、カザフスタンのスンカル国際スキージャンプ複合施設です。ご覧の通り高すぎる…!

 
 

見ての通りすごい傾斜ですが、参加者はここを登って互いに競い合わなくてはいけないのです。
相当鍛えられている人でも苦労するに違いありません。

 
 

運動が苦手な人なら1メートル登って転がり落ちそう。

 
 

世界で最も過酷な400m走…!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る