いかのうまみがモチ米に沁みた人気駅弁『いかめし』、実は家でも簡単に作ることができる!(レシピあり)

2017/5/19 | 2,820 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

いかめしとは、いかの胴身に米を入れて炊き上げた料理です。

 
 

mocchi_pさん(@mocchi_p)がシェアした投稿

 
 

北海道の駅弁として全国で知られており、常に人気駅弁の上位にいるいかめしですが、作り方はとてもシンプルで、米を入れたイカを醤油味の出汁で炊いて作られています。
中身の米は、うるち米ともち米が入っており、普通のおにぎりなどと比べても食べ応えがあります。

 
 

@kyoko_sukekawaがシェアした投稿

 
 

いかめしはいつ生まれた?

今や知らない人はいないというほど有名ないかめしですが、元々は戦時中に生まれた物なのだそうです。
元祖いかめしが誕生したのは1941年。太平洋戦争が始まった年です。
戦時中、物資は配給制となり、十分な米が手に入らなくなっていました。そんな中考え出されたのが、少ない米とイカでボリュームを出したいかめしです。

 
 

 
 

当時はスルメイカがたくさん獲れており、小さなイカは捨てられていたそう。
食べ応えもあって腹もちもいいため、軍の兵隊にも愛されたそうです。
無駄をなくし、消費者の要望にも応える、画期的な料理だったのではないでしょうか?

 
 

 
 

できたてを食べてみたい…!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

267270

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る