HOME

いまや全国展開・手作りする人も♪ちくわがまるまる入った札幌発祥のパン「ちくわパン」が気になる!

2017/5/22 | 4,253 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ご当地名物?ちくわパンについて

 

パンは大人も子どもも大好きなので、最近は実にいろいろなユニークなパンが製造、販売されていますよね。
中には地方限定のもの、その地域でしか見かけないような珍しいパンも。

 

その中でもかなりユニークなのが、「ちくわパン」です。
その名の通り、ちくわが入っているパンです。大抵の場合、ちくわがまるまる入っています。

 
 

▼これがちくわパン

▲ 上の画像のように梱包されて販売されているものもありますし、

 
 

▼意外と美味しそうですね!

▲ このように、パン屋さんの惣菜パンとして販売されているものもあり、かなり広く普及しているようです。

 
 

おいしさの秘密はちくわの空洞!?

 

パンにちくわがただ入っていると聞いて、すぐに「おいしそう!食べてみたい!」とは思えない人もいるのではないでしょうか。
ちくわパンのポイントは、ちくわの中の空洞にあります。

 

ちくわの中にツナやマヨネーズを入れたり、明太子サラダを入れるなど、ちくわの中に味のアクセントとなるものを詰め込むことでパンとちくわ、具の三位一体となってとってもおいしく仕上がるのです!

 
 

▼具にはいろいろなバリエーションがある様子

谷 純子さん(@taniz.un)がシェアした投稿

 
 

このちくわパン、大手パンメーカーで製造されるようになったのは10年ほど前のようですが、レギュラーとしてではなく毎年期間限定で販売されているそうです。

 

 

ちくわパン発祥の地北海道では、かなり前から身近なメニューとして食べられています。

 
 

▼自作する人も多い様子

いけこさん(@ikeko_0411)がシェアした投稿

 
 
 

次のページでは、ちくわパンに関する口コミや
ちくわパンのおいしいお店をご紹介しています★
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る