HOME

桜島だけじゃなく、登録有形文化財のスタバ、猫神社も!鹿児島の『仙巌園』が盛りだくさんで楽しそう!

2017/5/23 | 4,387 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

鹿児島と言えば桜島が有名ですが、その桜島を風光明媚な場所から見てみたいと思いませんか?

 
 

Sengan-enさん(@sengan_en)がシェアした投稿

 
 

仙巌園は、鹿児島県鹿児島市吉野町にある庭園で、古い歴史と異国の情緒が垣間見える観光地です。
2008年に放送された大人気大河ドラマ『篤姫』のロケ地としても知られており、聖地巡礼と称して訪れる人も居たようです。

 
 

Sengan-enさん(@sengan_en)がシェアした投稿

 
 

今に続く歴史

仙巌園が作られたのはなんと350年以上前。
1658年、二代目鹿児島藩主である島津光久によってつくられ、その後も島津家にゆかりのある地として知られてきました。
現在は、島津氏第32代目当主が会長を務める島津興業によって管理されています。

 
 

 
 

広さは15000坪、東京ドームとほぼ同じくらいの広さです。
仙巌園からは、見事な桜島を見ることができます。
篤姫もここからの景色を見ていたのでしょうね。

 
 

 
 

庭園内には、鉄製150ポンド砲や、屋根が錫でできている門などの他、島津氏第29代目当主の島津忠義(今上天皇の御曾祖父にあたります)が生活していた御殿を見ることもできます。

 
 

Sengan-enさん(@sengan_en)がシェアした投稿

 
 

また、350年前に琉球王から贈られた望嶽楼では、島津氏第28代目当主の島津斉彬が、幕末の三舟の1人である勝海舟と会談を行う際に使われたそうです。

 
 

Sengan-enさん(@sengan_en)がシェアした投稿

 
 

猫神社と、有形文化財のスタバ!?

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る