HOME

【デカイ!あと中がすごく黒い!】多種多様でいろんな味が楽しめる『高岡コロッケ』がおいしそう♪

2017/5/25 | 3,150 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

富山県にはコロッケ好きが多いと言われており、コロッケの消費量は全国でも上位に位置します。
共働きが多いので、コロッケを購入する機会も増えているそう。そんな富山県の高岡市で、『高岡コロッケ』が盛り上がっています。

 
 

 
 

高岡コロッケには厳格な基準がなく、高岡で売ってさえいれば全て『高岡コロッケ』を名乗っていいことになっているそうです。
そのためか、いろいろな種類の個性豊かなコロッケがあるそうです。

 
 

 
 

高岡でとくに有名なコロッケは『高岡大仏コロッケ』です。
高岡大仏とは、奈良と鎌倉の大仏に並ぶ日本三大大仏の一つと言われています。(諸説あり)
国指定の伝統工芸である高岡銅器の職人によって作られており、端正な顔立ちの大仏とも知られています。

 
 

 
 

『高岡大仏コロッケ』とは、直径14センチほどもある巨大コロッケです。
かなり大きく見えますが、揚げたてのサクサク感がたまらなく、あっという間に食べられるそう。

 
 

 
 

 
 

 
 

高岡大仏コロッケの他にも、第1回全国コロッケフェスティバルで人気投票1位を獲得した『ブラックコロッケ』『ホワイトコロッケ』などがあります。

 
 

中がとっても黒いです…♪

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る