HOME

最中の蓋を開くと季節の干菓子が!『山海堂』の「そっとひらくと」シリーズが可愛い!

2017/5/26 | 4,233 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

石川県加賀市にある『御菓子調進所 山海堂』は明治38年から続く、老舗の和菓子屋さんです。

 
 

お店のコンセプトは「五感で感じてもらえる和菓子」

 
 

職人さんが試行錯誤の末に生み出した、食べる人が目で見て、手に取って、舌で味わって、喜ぶ和菓子が『山海堂』の魅力です。
干菓子が入っているもなか「そっとひらくと」という商品はテレビで紹介されたこともあり、話題にもなっています。

 
 

見て可愛い、食べて美味しい

 

「そっとひらくと」シリーズは、春・夏・秋・冬と4つの種類があり、最中の皮の中に季節を感じさせる干菓子と占いの紙が入っています。

 
 

▼ そっとひらくと はるほのか(3月~4月までの販売)

amiさん(@_babuchan)がシェアした投稿

 
 

▼ そっとひらくと なつきらり(5月~8月までの販売)

sanaさん(@ena1717)がシェアした投稿

 
 

▼ そっとひらくと あきゆらら(9月~11月までの販売)

 
 

▼ そっとひらくと ゆきふわり(12月~2月までの販売)

mika 🐰さん(@mell__mii)がシェアした投稿

 
 

春には桜、夏にはスイカ、秋には紅葉、冬にはヒイラギなど、それぞれ季節に合わせたモチーフが入っていて可愛いですね。
また、最中の皮にも、春、夏、秋、冬それぞれ異なる絵柄が描かれています。
はるほのかは桜をモチーフにしているためか、売っているのは桜の咲いている3月~4月までと短く、こだわりを感じますね。

 
 

「そっとひらくと」シリーズは、2015年に開催された日本おみやげグランプリで準グランプリを獲得したことがあり、また、経済産業省が“海外に伝えたい日本の優れた地方産品”として認定した商品でもあります。
「そっとひらくと」をお土産でもらったら、絶対嬉しいですよね!

 
 

「福薫る」や「花こおり」など他の商品もご紹介!

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る