HOME

【文化財が遊具!?】遊具一回10~50円、日本一安い遊園地『るなぱあく』の雰囲気が懐かしすぎる!

2017/5/29 | 8,614 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

群馬県前橋市には、『るなぱあく(前橋市中央児童遊園)』という子供向けの遊園地があります。

 
 

ち かさん(@chipi.x.3)がシェアした投稿

 
 

日本一安い遊園地

 

開園したのは1954年(昭和29年)、日本では力道山などのプロレスブームが巻き起こり、世界では映画ローマの休日が洋画ランキング一位となった年でした。
古い歴史を持つるなぱあくは日本一安い遊園地とも言われており、いつも子供連れの大人で賑わっています。

 
 

 
 

るなぱあくが子供で溢れている理由は、入園料が無料であることと、遊具利用料の安さにも関係しています。
規模や遊具によっても違いますが、テーマパークに行くと入園料と遊具利用料で数千円を超すところがありますが、るなぱあくは50円以下で遊具に乗ることができます。
回数券(11枚500円)を買うとさらにお得です。

 
 

 
 

遊具の種類は、

くじらのなみのり、ミニヘリコプター、ウェーブスターライド、メリーゴーランド、まめきかんしゃ、まめじどうしゃ、ひこうとう、くるくるサーキット、木馬や小型遊具

などさまざま。

 
 

朋子さん(@tomo_verth)がシェアした投稿

 
 

木馬と小型遊具は10円で利用できます。
小さな子供の安全を守るため、3歳以下の子供の遊具利用には大人の付添が必ず必要になりますが、その場合大人は無料なのだそう。

 
 

 
 

登録有形文化財で遊ぶ!?

 

るなぱあくにある遊具の中には、国の有形文化財になっているものがあります。
もくば館にある木馬が作られたのはるなぱあくと同じ1954年前。実に60年以上、子供たちを楽しませて続けてきた遊具なのです。
それが一回10円…!!子供たちの貴重な思い出になりそうですね。

 
 

@hisapon517がシェアした投稿

 
 

るなぱあくは市民の心の故郷。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る