HOME

お茶と最高に合いそう!愛媛の甘くておいしい土産7選

2017/5/30 | 3,506 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

愛媛と言えばみかん!
つまり、愛媛のお土産はかんきつ類を買って行けば間違いないということです。

しかし、ジューシーで果実たっぷりなかんきつは荷物にもなるし長期保存が難しいので、あまりたくさんは買って帰れませんよね。

 

そんな方に、みかんに負けない愛媛のあま~いお土産をご紹介します♪

 
 

坊ちゃん団子

 

坊ちゃん団子は、松山市の銘菓です。
元々松山で売っており、夏目漱石の小説「坊っちゃん(明治39年)」の中に登場したのち、昭和に入ってからこの名が付いたとのこと。
抹茶と卵、小豆の団子で、温かい緑茶との相性が抜群♪

 
 

つるの子

@cattleya_garnetがシェアした投稿

 

鶏卵大のマシュマロの中に、カスタードのような黄色のあんが入っています。
昭和天皇など、皇族の方々がお召し上がりになってお土産になさるほどおいしいとか。
博多銘菓にも、鶴乃子というほぼ同じお菓子があります。

 
 

一六タルト

@2an_an7がシェアした投稿

 

タルトと名付けられていますが、ロールケーキのような形状のスポンジであんこを巻いてあるお菓子です。
元々は松山藩の藩主が長崎で食べた、カステラにジャムを包んだ菓子を松山の菓子職人に作らせたことが始まりと言われています。

 
 

食べたくなる♪

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る