HOME

可愛いにゃんこたちもお出迎えしてくれる!癒しと力強さがみなぎる『薦神社』

2017/6/2 | 7,013 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket


神々をすぐそこに感じられる神秘の神社・大貞八幡薦神社


 

 

薦神社は大分県中津市にある神社です。薦神社は「こも」神社と読みます。
同じ大分県宇佐市には全国の八幡宮の総杜・宇佐神宮がありますが、薦神社は宇佐神宮の祖宮と言われ、今から1100年以上も前に建てられた、由緒ある神社です。
とても居心地が良くパワーにあふれた薦神社の魅力をご紹介します。

 


御神体は三角池



薦神社は三角池のほとりにあります。この三角池は御澄池とも呼ばれ、池そのものが御神体です。
池には朱色の鳥居が立っていて、木々の緑と静かな水面が広がり、きっと神秘のパワーを感じられるはずです。

 
 

 
 


心奪われる朱色の「神門」



境内へ向かっていくと、大きな門が現れます。国の重要文化財にも指定されている「神門」です。
「神門」は美しい朱色の背の高い門で、九州を代表する江戸時代初期の建築物です。細部の彫刻もとても美しいので、是非、屋根を見上げてみてくださいね。

 
 

 

まろ。さん(@byaku.33)がシェアした投稿

 
 


包み込んでくれるようなオオクスノキ



参道では大きなクスノキが多く見られます。その中でも神門に向かう参道の入り口にある、御神木のオオクスノキは圧巻です。
この御神木は、幹の周囲が大分県内の全ての樹木の中で1番の大きさだと言われていて推定樹齢1000年と言われています。

 
 

 
 

癒されポイントは他にも…
次のページへ
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る