HOME

「どこにあるの?」と「名古屋の植民地」は禁句!?やや自虐的な岐阜あるあるがクスッと笑える(12選)

2017/6/2 | 8,250 PV |

ふるさと

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

岐阜県は中部地方、もしくは東海・北陸地方に区分される県です。
富山県、愛知県、三重県、滋賀県、福井県、石川県、長野県の7県に隣接しており、海のない県の一つでもあります。

 

また世界遺産の白川郷の合掌造りや、下呂温泉、奥飛騨温泉郷の他、日本三大巨桜である淡墨桜があることでも知られています。
飛騨山脈も有名ですね。

 
 

(白川郷)

 
 

有名どころがたくさんあり、色々な県と接点がある岐阜県ですが、岐阜県民によると「どこにあるの?」と聞かれることが多いよう。
そんなちょっと自虐的な岐阜のあるあるネタをご紹介します。

 
 

1 目立つ方ではない

 

 
 

2 つる?

 

机をつる=机を移動するという意味です。

 
 

3 名古屋との関わりが深い

 

一部では昔から「名古屋の植民地」と言われており、そういうタイトルの本も出ているようです。

 
 

4 愛される信長

 

 
 

5 金色の信長がいる

 

 

岐阜市制120周年を記念してなんと3000万かけて作られたとか。
岐阜駅の広場にあるそうです。名付け親だからと言えど、信長愛がすごい。

 
 

6 世界遺産白川郷

 
 

有名どころは多いのに!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る